ため息の薔薇

山上るい先生の作るお花には詩的なタイトルがついています。

今回制作したのは「ため息の薔薇」

50枚程度の花弁、しかも薄い生地なので 数日前に制作した同じような形の「アンティークな薔薇」より儚げな感じです。

薄い本絹羽二重を使っているのでコテあても組みもムズカシイ。。。

本によれば大花弁は退屈気にはり重ねてくのですが 退屈気って・・・?

あまりきっちりした形の薔薇にしないでってことかな~と思うのですが出来上がったのはきっちり目な薔薇。

崩した形って難しいな~。まだまだ修行が足りませぬ!引き続き薔薇制作強化月間。がんばります~♪

 

関連記事

  1. リクエストのランタナ

  2. 墨色の黒薔薇

  3. 点滴堂企画展【着物・文月】後半まじまります。

  4. 1DAYレッスンの準備

  5. 古布の糊入れと手びねりの古布コサージュ

  6. 勿忘草のプチコサージュとフリルカチューシャ

  7. お散歩とドラマと布花制作

  8. つけ襟たくさんできました☆