Feb 5, 2017

クマ退治!

親指の腱鞘炎がまだおさまらないので布花作りも停滞気味。
なのでTwitterにもInstagramにも載せる写真も特になく。。

ひさびさに美容ネタでjournal更新です!

スマートフォンの普及のせいなのか、昔に比べて目の下のクマがひどい方が多いように感じます。

昔多かった色素沈着系の茶クマではなく、血行不良、リンパの流れが悪い方の青いクマの方がほとんど。
強い青クマ退治にはコントロールカラーを使っています。

スキンケアをし、ファンデーション下地を付けたらまず、クマの気になるところより少し広めにオレンジを薄く伸ばします。色白な方以外ならオレンジの後すぐにファンデーションでO.K.です。

色白な方はそのままだとオレンジが強すぎて浮いてしまうのでイエローのコントロールカラーを薄く伸ばして肌色を整えてからファンデーションを塗ります。

大抵の方はこれで気になるクマは目立たなくなるはずです。

 

 

私が使っているのは

オレンジはRMKのコントロールカラー。

イエローはコスメソフィアのMEリクィッドファンデーション(ミルキー)

ミルキーはコントロールカラーとしても使えますしハイライトにしても良いですし、他のファンデーションの色味調整のブレンド用にしたりと重宝してます。

青クマが濃く深刻な方はより発色の良いオレンジとバニラのコントロールカラーがセットになったケサランパサランの「ジャストアズマジック アンダートーンライトアップ」がオススメです。

 

隠そうとコンシーラーを重ねて厚みを出してしまうより、コントロールカラーで色味をフラットにしてしまうほうが綺麗に隠すことができますよ。

いずれも乾燥していると余計にクマが目立つので日頃のスキンケアでアイケアをきちんとしてあげるのも忘れずに!

目が疲れたと感じたらホットタオルなどで目の上を暖めて血行促進もしてあげるのも◎ですよ♡


Follow Me

 &FLOWERの布花に関する最新情報はTwitterにて行っております

  Instagram 手芸に関すること以外にも日常のあれこれを雑多に投稿中です

★2014~2016年までのブログ記事はアメブロに以降しました
アメブロ &FLOWER 花飾りと花雑貨

Posted in HAIR&MAKE-UPComments Closed 

関連記事